【研修終了】平成30年度8月5日開催 リハ専門職等向け「地域ケア会議・介護予防導入研修会」

緊急告知!開催会場決定! 

当協会では「リハ専門職等を活用した地域包括ケアシステム構築事業」を沖縄県から受託していますが、北部や離島地域では「地域づくりによる介護予防」や「地域ケア会議」などに協力できるPT・OT・STが不足している状況です。そこで、緊急措置としまして本年度は「地域ケア会議導入研修」と「介護予防導入研修」を合わせて1日開催にて実施します。今後、市町村で行なわれる地域支援事業に協力したい方や、興味がある方に是非受講していただきたいと思います。

 

 

日時8月5日(日)9:00(受付開始8:30)16:40

会場:

・中南部会場(定員50名):沖縄リハビリテーション福祉学院本館2階2番教室

・八重山圏域サテライト会場(定員15名):八重山厚生園 会議室

・宮古圏域サテライト会場(定員15名) :医療法人下地診療所 通所リハビリセンター

・北部圏域サテライト会場(定員20名) :北部地区医師会病院 会議室

 

           【講義/実技/演習】
9:00~ 9:10 オリエンテーション
9:10~10:00 地域包括ケアシステムと介護予防・日常生活支援総合事業、地域支援事業(総論)
10:10~12:00 一般介護予防事業(地域づくりによる介護予防)講義と「いきいき百歳体操」の実技
昼休憩
13:00~13:50 生活支援体制整備事業(多様な主体による多様な生活支援の仕組みづくり)
14:00~16:00 介護予防ケアマネジメントと地域ケア個別会議講義と模擬地域ケア個別会議(演習)
16:00~16:40 沖縄県リハビリテーション専門職協会による市町村支援と人材バンク登録手続

対象者:理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリ専門職

※ 受講会場は、所属する圏域の選択ならびに受講をお願いします。

※ 当協会より地域ケア会議・介護予防等への紹介希望の方は別途各団体の登録手続きが必要です

参加費:無料

主 催:一般社団法人 沖縄県リハビリテーション専門職協会

協 力:公益社団法人 沖縄県理学療法士協会・一般社団法人 沖縄県作業療法士会・一般社団法人 沖縄県言語聴覚士会

【申し込み方法】Googleフォームにて受付致します。  

URL:https://goo.gl/forms/Ag2P3oycUFSEpWBz1              

問い合わせ先:事業部人材管理係

理学療法士担当 久高将臣 okiresen.recrutment@gmail.com

作業療法士担当 三枝秀平 ot_okinawa@yahoo.co.jp

言語聴覚士担当 大濱貴之 ohama.takayuki01@gmail.com

締め切り:平成30年8月4日(土)12時

 

 

■■研修会に関する説明事項■■

1.今回の研修会は「沖縄県リハビリテーション専門職協会」活動における人材バンク登録のための導入研修会となります。人材バンク登録方法や各士会の生涯学習システムとの整合性につきましては、研修内にて説明致します。

1)沖縄県理学療法士協会会員の場合

日本理学療法士協会「地域包括ケア推進リーダー」・「介護予防推進リーダー」取得を希望する場合は、「導入研修会」として認証いたします。本研修会受講までに、日本理学療法士協会ホームページのマイページにて「地域包括ケア推進リーダー」の登録をお済ませ下さい。その他の手続きにつきましては、研修会終了後に説明致します。併せて下記の内容の確認をお願いします。

※新人教育プログラム修了者のみ登録可能となっております。

※詳しくは沖縄県理学療法士協会HPの「新着情報」の【当協会よりお知らせ】

「リ専協で実施される地域包括ケア推進リーダー導入研修会を受講される皆様へ」の記事事項をお読み下さい。

(1)研修会に参加される際には、必ず「会員証(楽天カードではありません)」をご持参ください

2)沖縄県作業療法士会会員の場合

地域ケア会議助言者登録のための「導入研修会」となります。本研修受講までに下記の(1)もしくは(2)のいずれかを受講し要件を満たしてください。

(1)日本作業療法士協会が定める、現職者共通研修を受講したことのある者、また、今年度受講予定である方は受講可能となっております。

(2)生活行為向上マネージメント(MTDLP)の基礎研修を終了した者、または今年度受講予定がある方は受講可能となっています。

※研修会に参加される際には、必ず「生涯教育手帳」をご持参ください。

3)沖縄県言語聴覚士会会員の場合

地域ケア会議助言者登録のための「導入研修会」となります。本研修会への参加要件は特に設けていません。よって全ての会員に受講資格があります。

地域ケア会議助言者登録にあたっては以下の必修項目の全て及び選択項目のうち一つ以上を修める必要がありますのでご確認下さい。尚、研修会当日は協会員有無の確認の為、日本言語聴覚士協会の生涯学習受講記録票を持参下さい。

【必修項目】

①日本ST協会員および県士会員である。

②STが助言者として参加している地域ケア議を2回以上傍聴している

③協会指定のDVD研修(6コマ)を全て受講している。

④沖リ専協主催地域包括ケア推進リーダー導入研修を受講している。

⑤日本ST協会生涯学習プログラム基礎講座を修了している。

 

※平成28、29年度の移行期間中は経過措置として以下のⅠⅡを修めた場合、③の条件を満たしているとみなす。

Ⅰ.沖リ専協主催の導入研修受講

Ⅱ.DVD研修の嚥下、Commの2コマを受講

 

【選択項目(1つ以上)】

①訪問リハ実務者研修会修了

(全国訪問リハビリテーション振興会主催)

②県民健康フェア協力者

③県士会における委員会活動参加

④その他、県士会が指定するもの

詳細はこちらです!!平成30年8月5日リハ専門職向け研修案内